【豊岡整体よぼう】豊岡市/整体・カイロプラクティック・生涯学習塾/肩こり・腰痛・椎間板ヘルニア・片頭痛・偏頭痛・ストレス

LINEから予約・問合せ

ネット予約・メルマガ

豊岡整体よぼうのfacebookページ

予約制

完全予約制です

予約方法はコチラ

問い合わせ

メールでの問い合わせはココをクリックして下さい

メールの件名は【問合せ】とし、「氏名」「用件」をご記入下さい。
返信を受信するためには、「@yobou-seitai.com」を受信可能に設定して下さい
怪しい件名のメール、添付つきのメールは読まない場合もありますので、ご了承下さい。

お知らせ

空〔小冊子〕ストレスと痛みの関係
(リンクを右クリックして【対象をファイルに保存】してください)

ストレートネックでお困りの方

相互リンク募集

 



豊岡市、近隣の各地域から、お越しいただいています

兵庫県
豊岡市 城崎町 日高町 出石町 竹野町 但東町
朝来市 
養父市 
美方郡

京都府
京丹後市 与謝郡

 

コラム

〔コラム103〕 しつこい肩コリ−その1

肩コリのうち筋肉・骨格に原因があるものには
@肩の筋肉が異常に緊張している
A骨盤が歪み、背骨が首まで歪んでいる
B上半身がねじれている
C頭が傾いている
などの特徴があります。

「豊岡整体よぼう」では、「ただ肩をもむ」のではなく、全体を見て、なぜ肩がコルのかを考え、筋肉・骨格のバランスを調整していきます。

では、なぜ筋肉はコル、突っ張るのでしょう?
@その筋肉が長時間使われていたから
A反対側の筋肉が弱くなっているから

このAは、あまり注目されていないのが現状ではないでしょうか。

例えば、1枚の板を立て、その両側にバネを取り付けて、スイングドアのようにした時、バネの緊張が等しければ、板はバランスよく真ん中に位置します。

しかし左側のバネが伸びきってしまうと、板は右側に引っ張られ、右側のバネは収縮してしまいます。
この場合、収縮している右側のバネではなく、伸びてしまった左側のバネを修理する必要があります。

左側の筋肉が弛緩しすぎていると、右側の筋肉は反射的に収縮してしまいます。
この場合、張っている筋肉をほぐしても、弛緩している筋肉を調整しなければ、すぐにまた凝ってしまう理由がお分かりになるでしょう。

肩コリを放っておくと寝違えや手・腕のシビレ、五十肩や耳鳴り、片頭痛に発展することもありますので、早めのお手入れをオススメします。 

しつこい肩コリ−その2

ご予約・お問合せは 0796-22-5660

空24h ネット予約

空LINEで問合せ・予約

もっとコラムを読む

 

 


豊岡市の整体・カイロプラクティック院「豊岡整体よぼう」のトップページへ